Paper Moon Serenade


ホウキで飛べない魔女おばさんの地味なくらし
by ひとやすみ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事

桜吹雪の花

図書館から帰ってきたら、咲いていた。
桜吹雪の花を見るのは今日が初めて。
夕方には閉じていた。
開花時間、こんなに短いのかな。
a0274516_12193713.jpg
a0274516_12200694.jpg




他に少し変わった現象の多肉を少し。

孔雀丸の先端が3本になっているのを発見。
これから、どうなって伸びていくんだろう。
a0274516_18594520.jpg


紅覆輪の挿し木の鉢に水をあげていたら、緑色のものが見えた。
少し掘ってみると新しい葉だった。
この土があっているんだろうか。
a0274516_19004170.jpg


一本植えの黒法師。
真っすぐ草姿を保つために、時々日の当たる方向に植木鉢の向きを変えている。
そうすることによって、徐々に太陽の方向に茎ごと向かっていく。
今までは。

今回は、背を向けたまま反対側から芽を出し始めた。

頑固。
誰かにそっくり。

a0274516_19002199.jpg



# by pmserenade43 | 2017-06-25 19:27 | 多肉植物

ブラックプリンスの挿し穂

シトシト雨が降る中、多肉偵察。
5月に購入したブラックプリンス。
植え替える際に、葉を3枚挿し穂しておいた。
今日見ると発根していた。

a0274516_11401507.jpg


a0274516_11400534.jpg
ダークカラー続きで。
ドラゴンズブラッド。
増殖中。
プチプチ切ってせっせと挿し穂。
a0274516_11402557.jpg


黒法師の足元の不死鳥。
毎年どこかに顔を出す。
ホントに不死鳥。 
    
a0274516_11403624.jpg


# by pmserenade43 | 2017-06-25 12:17 | 多肉植物

紅覆輪の親株の成長

挿し木のほうではなく、親株のほうの紅覆輪が、新しい葉をたくさん付け出した。
5月5日の植え替え直後の写真。(右側)
この時点では親株よりも、挿し木のほうに力を注いでいたので、
親株はつけたし程度の存在だった。
葉の大きさも、挿し木と同じ大きさ。

a0274516_17420834.jpg


今日の親株の紅覆輪。
土を替えるとこんなに違うものなのかと改めて驚いてしまう。
置く場所は前と同じ場所。
半分軒下、でも激しい雨はかかってしまう玄関ポーチ。
今度こそ、真っすぐに伸びるように支柱を立てている。

葉をさわると、どの葉もプリプリでシャキーンとしている。
葉の艶も良い。
あの4本の挿し木を大きく離してリード。
根が付いていたのだから、成長が早いのは当然といえば当然かもしれない。
a0274516_17230173.jpg
裏から見ると良くわかる。
今は真っすぐ。
でも勝負はこれから。
a0274516_17234802.jpg
成長点の新芽は横幅1センチ程。
a0274516_17233554.jpg

# by pmserenade43 | 2017-06-24 18:24 | 多肉植物

お店の多肉植物偵察

所要を済ませたあと天王寺で 
ハーブの苗を見に園芸店へ。
a0274516_18215522.jpg
結局ハーブは、サラッと見ただけで
多肉植物のコーナーをじっくり偵察。

a0274516_17523476.jpg
a0274516_17532671.jpg
a0274516_17581637.jpg
a0274516_18192989.jpg
 
葉をさわると、フワフワ。 
白兎耳?
小さなポットで売っている多肉植物には、名前が書かれていない事が多い。
 
今年は、もう多肉植物は買わないと決めていたのに。 

a0274516_17590953.jpg
梅雨入りしても、晴れ続き。




# by pmserenade43 | 2017-06-18 19:27 | 多肉植物

2017年6月 ハオルチア

受粉に挑戦してみたけれど、実際やってみると難しくて1房であきらめた。 
作業中に、植木鉢をひっくり返すというアクシデント。
葉が一部つぶれてしまった。(前列真ん中の鉢) 
 
地道に株分けするほうが、ワタシには合っているのだと反省。



a0274516_19021072.jpg

a0274516_19030393.jpg

# by pmserenade43 | 2017-06-17 19:27 | 多肉植物

吹雪の松錦ではなく桜吹雪のつぼみ


2014年5月14日の記事より。


a0274516_11443456.jpg

購入して丸3年たった吹雪の松錦。
この春初めての植え替えをしてひと月。
シワシワの葉はシワシワのまま、つぼみをたくさん付けだした。

こんなにたくさん付けたのは初めての事なので、
どんな花が咲くのか調べていくうち、
『吹雪の松錦』ではない事がわかってきた。

どうも『桜吹雪』ではないかと思う。

名前に惹かれて買った訳ではないけれど、これで何回目だろう。
それでなくても、ワタシ自身も、しょっちゅう多肉の名前を間違える。 

そのうち、
『この多肉は、』
『こっちの多肉は、』
『次の多肉は、』
と書き始めるかもしれない。 

そうなったら、認知症外来に行こうと思う。 


ラベル書いて指しとこうかな。
 
a0274516_11212349.jpg
a0274516_11214779.jpg



 


 





# by pmserenade43 | 2017-06-17 12:26 | 多肉植物

紫陽花のドライフラワーづくり

ずっと欲しかった、紫陽花のドライフラワ-。
スーパーの花コーナーに、お手頃価格な紫陽花が売っていたので、
自分で作ってみることにした。
a0274516_19275095.jpg
咲き終わったら暫く様子を見て、4本全てカット。 
瓶に、茎の先が5ミリ位つかるくらいの水を入れてさし、
日の当たらない、風通しのいい場所に置いておく。 
1週間位で出来上がり。
持ち上げるとカラカラで軽い。
a0274516_18573317.jpg
どんな場所が、一番綺麗に仕上がるのか、 
それぞれ場所を変えて置いてみた。
一番左は、外の多肉棚のすみっこ。
左から2番めは、リビングの窓辺、西日が当たるところ。
右の2つは日は入らないが、風もそんなに通らない洗面所の窓辺。

綺麗に仕上がったのは、右の洗面所置きの2つだった。
a0274516_19255056.jpg
ひと月は、綺麗に咲いた紫陽花を外で楽しみ 
その後は、ドライフラワーで家の中で楽しむ。 
 
どこに飾ろうかな。

# by pmserenade43 | 2017-06-04 20:23 | ちょこっとガーデニング

仕立て直しからひと月 元気がない多肉植物

植え替え 
・墨鉾…この春購入。かなり根が古かった。
    夏を乗り切れるかどうか。
a0274516_18110934.jpg



植え替え&挿し木
・猿恋葦…木になっている茎はほぼ枯死してる。 
     挿し木の方の若い茎は、青くなってきているのがある。
a0274516_18130515.jpg



挿し木
・琴爪菊…発根の兆し全くなし。全滅。
a0274516_18101188.jpg
a0274516_09104651.jpg




・数珠星…茎からの発根は全くなし。葉と葉の間から根が出ているのがあり。
a0274516_18134412.jpg

# by pmserenade43 | 2017-06-04 18:35 | 多肉植物

2017年6月 黒法師

今朝の我が家の黒法師。
まだまだ健闘中。 
挿し木から4年8カ月。

大鉢の黒法師は、
今回の植え替え時にもパス。
土は、一度も替えてもらえず。
年中雨ざらし。
うっすら苔もはえている。 
一番大きいので、約1m。
3本のうちにの1本は、横に伸びながらも必死。

今年の秋、横に伸びた1本を
真っ直ぐ伸びている2本の足元に、挿し木に仕立て直そうかと思う反面、
このままの形で植え替えしようかとも思ったり。

切れるかな。

私の中で、この3本の黒法師は、3匹の魔物と重なっている。



a0274516_08591167.jpg
a0274516_08474948.jpg



一方、1本植えの黒法師。
背筋真っ直ぐ、肌艶よし、贅肉無し。
この春の植え替えを機に
雨ざらしの場所から軒下へ移動。 


a0274516_08572955.jpg

# by pmserenade43 | 2017-06-04 10:41 | 多肉植物

紅覆輪 土の種類別で挿し木

どうしたものだろう、紅覆輪の土。 
考えても、育てあげたことがないのでわからない。 

ここはひとつ、紅覆輪を頂戴した母の知り合いの方に 
聞いてもらおうと電話をしたら、今入院されているとのことだった。  
そのうえ母からは、来週歯を抜かないといけないから
自分もいつどうなるかわからないと、延々と愚痴を聞かされた。  
歯から、話が飛びすぎだと思う。 
 
 

このまま、多肉専用の土に換えてしまうのも 
何か大事な事を、見落としているような気がしてならない。

何故、そう思うのか。

勘。 

もう、実験してみるしかない。
土の種類を換えたものを4ケ。植木鉢は、全部そろわなかった。
 
1.多肉専用土のみ。雨ざらしの場所。

2.多肉専用土のみ。軒下置き。
 
3.花の培養土のみ。軒下置き。
 
4.多肉専用土と花の培養土半々。軒下置き。

水を与える回数は、2~4は同じにして、1は状況を見て。
著しく弱ってきた挿し木は救いだそう。
 
手がかからず、しっかりと成長するのは、どの鉢だろう。
ひと月後のお楽しみ。


a0274516_22003304.jpg
a0274516_07220691.jpg
a0274516_07192268.jpg



# by pmserenade43 | 2017-06-03 19:29 | 多肉植物

紅覆輪 挿し木から一ヶ月

紅覆輪の挿し木の様子が、気になってしょうがない。
茎が腐ってしまうのではないかという不安が、
日に日に大きくなる。
 
水をあげた土がいつまでも乾かない。
晴れ続きなのに。

初めて水をあげたときの驚き。 
水を吸い込まない。  
土の上が、しばらくの間『池』になる。
 
思い当たる節、大いにアリ。

紅覆輪の挿し木用のプランターの土を準備する際、
多肉用の土が足りなくなっていた。  
ゴールデンウィーク最終日。
その日のうちに、方を付けたい。
でも今、買いに行くのも面倒。  
どうにかしたい。

プランターに元々あった土は、ハーブを育てていたので園芸用の土。 
4年位は経過している。
悩むワタシ。

入っていたままの古い土を半分位残して、
残っている新しい多肉用の土を入れ、半々づつのブレンド土にした。

やっぱり、姑息なことするもんじゃない。
一からやり直そう。

a0274516_21382266.jpg
茎の上のほうは、青々しい。
順調に成長している。
a0274516_21562085.jpg
a0274516_21574379.jpg
ひと月なのに、たくさん根を出している。
あのブレンド土が、以外と合っていたのかもしれない。
どうしたらいいんだろう。
a0274516_08384822.jpg

# by pmserenade43 | 2017-06-03 08:54 | 多肉植物

ベルキー奇想の系譜展 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで~兵庫県立美術館~

楽しみにしていた美術展へ。

a0274516_19435576.jpg
a0274516_19475983.jpg
a0274516_19490679.jpg
怖くて、   
気持ち悪くて、  
少しエロチックで、
時々、プッと笑ってしまう、

そんな、美術展だった。 

a0274516_19484575.jpg
気持ちいい風。 





# by pmserenade43 | 2017-05-28 20:50 | ちょこっとおでかけ

巻絹のこと

爽やかすぎるほど、気持ちのいい朝。
5時に起きて、多肉いじり。
植木鉢から、引き抜いたままの巻絹の処理をする。

大きい方から、順番に、丁寧に土を落とし、枯れ葉も取り除く。
中くらいの大きさの、巻絹の処理をしだして気がついた。 

大きさからして、たぶん生まれて3年目ぐらいだと思う。
なのに、しっかりとランナーの茎を付けたまま。
本来なら、土に根がついたらランナーの茎は必要がなくなるので、
自然と枯れていくはず。

彼らにとっては、唯一の生命線だったのだ。 
ランナーから栄養をもらってたのだろう。
密集状態の植木鉢の中で、生き延びるための手段だったのだと思う。 


めで、育てていた時期を思い出す。 
なんて人なんだろうワタシ。
さわやかな朝というのに、罪悪感で嫌な気分になる。  

作業中断。
a0274516_06453192.jpg
a0274516_06510549.jpg

# by pmserenade43 | 2017-05-28 07:27 | 多肉植物

リトープスの脱皮

リトープスが本当に脱皮した。
実際、自分の目で見るまでは、半信半疑だった。 



『うわ~。』←服を脱ぎだした時

『へぇ~。』←全容が現れた時

『ほ~ぅ、なるほどねぇ。』←この一連の流れを思い出している今。



これで、きれいな花を咲かすと言うのだから、
ハマらないわけがない。




5月4日


a0274516_08531579.jpg


5月27日今日 3週間とちょっと経過。
a0274516_16401508.jpg
a0274516_16255628.jpg
a0274516_16370771.jpg
  



新入り。
お馴染みのお花屋さんで購入。
ポツンと残っていた。
鳳卵と書いたラベルがあったけど、
あの孔雀丸を金輪際と書いていたお店なので
ほんとかどうかは、わからない。 
コロンと丸いこの植物だけが知っている。

a0274516_16373156.jpg
a0274516_16374708.jpg

# by pmserenade43 | 2017-05-27 19:44 | 多肉植物

多肉植物 月兎耳の発根と巻絹育ての卒業

月兎耳の、挿し木をする時に外れてしまった葉は、
葉挿しで育ててみることにした。

発根するまで、ふた月近くかかった。
発根し出すと反対に早くて、どんどん根が伸び
最近は小さな葉も出てきた。 
a0274516_08282645.jpg
a0274516_08115290.jpg



月兎耳を改めて調べてみた。
⚪兎耳と、名の付くものが色々ある。 
星兎耳なんて初耳だし。

育て方は簡単。
夏の水は少なめ、冬は休眠期なのでもっと少なめ。
我が家の月兎耳は、冬も屋外の軒下置きで水はほとんどやってなかった。

何より気に入っているところは、全く虫つかず。
ただ、大きくなるにつれ、下のほうの茎が、
木のようにゴツゴツとしてくるので、見た目気にいらない。 
今年の3月の月兎耳ときたら、可愛さのかげりもなく、
大きな月兎耳になっていてビックリした。

今後は、そうならないように、適時挿し木をして 
可愛いいウサギをキープしておこうと思う。


a0274516_08104398.jpg
a0274516_08033362.jpg
a0274516_08102200.jpg




この直径30センチの大鉢は、これからは葉挿し育成鉢に。
巻絹の大鉢育ては、これにて終了。 


あなた方には、たいへん楽しませて頂きました。
ありがとう。
a0274516_08094520.jpg
a0274516_08090093.jpg

a0274516_08092628.jpg



吹雪の松錦にも発根の兆し。

a0274516_08081931.jpg

# by pmserenade43 | 2017-05-27 09:49 | 多肉植物

コーナンで買った多肉植物 ブラックプリンス

多肉専用棚の後ろに金網を張りたくて、コーナンへ。
『チキンネット』と言うらしい。

コーナンのお兄さんにどこにあるのか尋ねると、
「ハッ?」
説明すると、「こんなんですかねぇ?」と売り場まで連れていってくれた。
「まぁ、アマゾンの三分の一の値段。」と喜ぶと、
それが嬉しかったのか、
「端っこ危ないですから、服にひっかけないようにしてね。」と
優しいお言葉を戴く。
a0274516_19190696.jpg


気をよくして、園芸コーナーへ。
なんと、多肉植物が、充実した品揃えになっている。
『なるほど、ゴールデンウィーク後に、大量に入荷したんだな。』と、 
思いながらじっくり偵察。
と、片隅に、値引きされた多肉植物が数個。 
ハンターの目つきに変わる。

エケベリア系は、今のところほしい多肉ではない。
『でも、この黒いの渋い。』
入荷したての、ブラックプリンスと比べると、
若干、新鮮さがない。
いつからかはわからないが、売れ残りだと思われる。
上から横から、じっくり見る。
大丈夫。
許容範囲。


数ある新しい多肉より、値引きの多肉に心引かれるワタシ。
大阪のオバチャンですもの。
a0274516_19192916.jpg
a0274516_19194763.jpg

# by pmserenade43 | 2017-05-21 19:36 | 多肉植物


最新の記事
桜吹雪の花
at 2017-06-25 19:27
ブラックプリンスの挿し穂
at 2017-06-25 12:17
紅覆輪の親株の成長
at 2017-06-24 18:24
お店の多肉植物偵察
at 2017-06-18 19:27
2017年6月 ハオルチア
at 2017-06-17 19:27
記事ランキング
画像一覧